子供と向き合って

自分自身とも向き合って。

そうしていくと

あるべき姿や歩むべき道が見えてくるのかもしれない。

向き合うって

欠点やできないことを見せられてるようで厳しいかもしれない。

でもそれを乗り越えたら

きっと前進している。